Clicky

乳がんを克服

乳がんを克服

 
クスコ゚ーフテヨ: >> 乳がんを克服

乳がんを克服
乳がんを克服した人は自己体験談が好きです。私もその中の一人ですが我慢して聞いてください。始めて乳がんと診断されたのは1995年1月、数年前から右乳房が繊維状だったので、毎年の健診は欠かさないように注意していました。しかしマンモグラムが右乳房下方の乳腺にできた固いしこりを発見しました。組織検査のために外科医に送られるまでは多分良性だろうと安心していたのです。検査の結果を見ながら担当医がこのように言いました。『非浸潤性乳官癌だけで入管リンパへの移転は心配ないと思います。しかし癌が右乳房全体に広がっているので乳腺を切除した方が良いでしょう。』しかし既に癌はリンパにも移転していたのです。

12のリンパ節を取り除くと、乳房に一番近い2つのリンパ節に悪性細胞が発見されました。7人の専門医は癌細胞を全部除去したことに確信を持ち、その他に腫瘍がない、癌がリンパ節に転移したのはごく最近だろう、キモセラピーと放射線治療の必要はない、と判断したのです。しかしエストロゲン検査の結果が陽性だったため、予防剤タモキシフェンを摂取したにもかかわらず癌は再発しました。

1997年12月の血液検査も陽性。スキャンは脊椎と鎖骨のリンパ節と腹部のリンパ節に数個の固まりをとらえ、バイオプシーの結果乳癌から移転したことが分かりました。その時からキモセラピー治療が続いています。八種類の混合キモセラピーと(アドリマイシン、タクソール、Taxotare、Gemzar, Navelbine)ニ回転する放射線治療、三種類のホルモン摂取治療(アリミデックス、ファマーラ、タモキシフォン)、さらに一ヵ月ごとに投入する骨を強固にするAridea治療は短期間の休みを省いて六ヶ月続きました。

こんな状態にも、治療の合間の貴重な休みを利用して楽しい旅行を計画しました。乳癌の現実を受け入れ克服するには何かの目的を持つことがとても大切です。最初11日間の休暇はハワイの船旅旅行を満喫し(夫ボブは第二次世界大戦の海軍時代以来初めての船旅だったので、大いに楽しみました)、二回目の休暇はギリシャとトルコの船旅から、使徒パウロが辿った道を私たちも辿り、最後の休暇は祝福されたイスラエル旅行でした。

*****************

三人に一人のアメリカ人女性は一生の間、体内にある種の癌を生み出していると聞きました。あなたが癌でなくても、あなたの周りには必ず乳癌の女性がいます。今から、癌と治療を通してどのように平安と喜びを見出し乳癌を克服したかを分かち合いたいと思います。私の経験が癌と癌の治療をしている人と試練に対応しているあなたを励まし、誰かの人生が変えられるようにと祈りながら。

続けて読もう


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


人生の課題

神の御心
波紋の影響
癌と神の目的
人生の目的
神からの贈りもの
息子への反映
乳がんを克服
癌患者サポートグループ
再発した乳癌

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 乳がんを克服 to My Google!
Add 乳がんを克服 to My Yahoo!
XML Feed: 乳がんを克服
心 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutHeart.org, 著作権所有.