Clicky

放蕩息子の話

放蕩息子の話

 
クスコ゚ーフテヨ: >> 放蕩息子の話

放蕩息子のはなし
今日、放蕩息子をもつクリスチャンの親たちにとってそのプロセスは胸を締めつけられるような経験です。苦しみから無力感が襲い、そして無力感から希望を失い、希望を失うと絶望感に陥ります。キリストに戻ってほしいと努力する親とは反対に子供はクリスチャンの本質からどんどん遠ざかるのです。“放蕩息子”(クリスチャンの親と反抗的子供の感情的関係)はキリストを信じる親が抱える世界的な共通課題です。

ルカの福音書に記されている放蕩息子は私たちにとって馴染み深いはなしです。父親と教訓を拒絶した高慢で反抗的な息子は、父親から遠く離れるために旅立ち、そこでまさに浪費と放縦(霊的にも)の生活を送りました。その後家に帰りたい、どんなことをしても父親に赦してもらいたい、と悔い改めたのは失敗と絶望の壁に突き当たってからでした。父親は家に戻った放蕩息子にかれこれ言わずに全てを赦し暖かく迎えました。そして反抗的であった息子の過去と、無駄にしたと思われる時間とお金の損失は、帰ってきた息子を迎える父親の無償の愛を阻むことはありませんでした。

この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。
そして彼らは祝宴を始めた。 (ルカ15:24)


このたとえ話の焦点は、父である神と反抗する彼の息子、そして神の忍耐と恵みが、愛をもって私たちひとりひとりを喜んで赦し迎えてくださるところです。しかし、その他のイエスの教えと同様に、このたとえは21世紀のクリスチャンに直接当てはめることができるのです。現在“放蕩息子”をもつ親に当てはめて見ましょう。放蕩息子を持つクリスチャンの親は究極的に素晴らしい報酬が待ち構えていることを信じ、愛と信仰と赦しという土台の上に堅く立つことが、その文脈から理解することができます。

放蕩息子のはなしについての本とプロローグの目的は、クリスチャンの親たちに希望と、忍耐と粘り強くあることと、最も大切なのは祈りのメッセージを分かち合うことです。“放蕩息子を持つ体験”は霊の成長のプロセスと、愛する人に神の計画と目的がある、と信じるあなたの信仰を強め建てあげる助けになります。

私は牧師でも心理学者でもありません。つい最近一人息子と20年間の放蕩息子の体験を完了したクリスチャンの母親です。クリスチャン・アウト・リーチプログラムでの証しに対する思いもよらない反応をいただいた後、神は息子と二人で通った放蕩息子の体験を年代順に説明するようにと導いてくださいました。この本は、私の日記、手紙、そして記憶を辿ったものです。本を読めば、20年間の信仰と希望を持ち続けて祈った母親の人生が収集されていることが分かります。

続けて読みましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


礼拝

神の約束
答えられた祈り
誕生の奇蹟
放蕩息子の話
恐れることはない
神に帰る
神のタイミングは完璧
肯定的考え
揺るがない土台

親交
弟子訓練
奉仕の働き
福音伝道
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add 放蕩息子の話 to My Google!
Add 放蕩息子の話 to My Yahoo!
XML Feed: 放蕩息子の話
心 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutHeart.org, 著作権所有.